2022-08

病気・心療内科

「入院させてほしい」「精神科に行きたい」と訴える子どもの本音ベスト3とは

不登校の子どもに精神科や心療内科への受診を勧めると、高い確率で拒絶されます。しかし、一方で、自分から「精神科に入院したい」「薬を飲みたい」「心療内科に連れて行ってほしい」と懇願する子もいます。
不登校の本当の原因とメカニズム

なぜ不登校は起こる?262の法則から本当の原因について考えてみる

不登校ってなぜ起こるのか、これは多くの人が疑問に思っていることです。未だに不登校の本当の原因について知らない専門家やスクールカウンセラーもたくさんおられます。今回は262の法則という視点から不登校の本当の原因について考えてみましょう。
子どもの理解の仕方

子どもの気持ちがわからない!その裏にある3つの不信とは?

「不登校の気持ちがわからない」 そうおっしゃるお母さんは結構多いです。 そんな時に「子どもの話を聴いたらいいんですよ」と簡単に言う人がいますが、これって非常に難しいのです。 というのも、相手に自分の気持ちを話すのはかなりエネルギーがいること...
子どもとの関わり方

「子育てに自信がない」親に伝えたい!自分らしさを活かす子どもとの関わり方

子どもが生まれてすぐに親らしく振舞えるお母さんと、なかなか出来ないお母さんはいます。ただ、大事なのは、それは親として間違っているとかではなくて、「一つの個性」だということです。
カウンセリングについて

不登校の寝すぎはなぜ起こる?1日20時間寝る理由と対処法

不登校のお子さんの相談でよくあるのが、生活リズムの乱れです。昼夜逆転やご飯を食べない、お風呂に入らない、といった悩みを聞くことが多々あります。その中でよく聞かれるのが「過眠」という症状です。1日20時間寝てしまう子もいるくらいです。
はぴっとの支援について

3つのいく(育)を促進するための6つのポイント

当ルームで実施している不登校解決カウンセリングでは3つのいく(育)がスムーズに行くように、6つのポイントについて動画で学ぶことから始めます。 図にすると下記のようになります。   ちなみに、①~④までが私が重視している「3つのいく...
はぴっとの支援について

はぴっとの支援の特徴

ここでは当ルームの不登校支援の特徴についてお話しています。 多くの不登校支援は〇〇特化型支援 多くの不登校支援は、いわばノウハウ特化型支援です。 これは「どうすれば学校に行くのか」という視点だけで、不登校支援をしようとする方法です。...
はぴっとの支援について

不登校の原因3つの「モウ」

ここでは不登校の原因についてお話しています。 不登校の本当の原因は〇〇と学校が合わないこと 不登校の原因は親の子育ての在り方や学校の問題ではありません。 本当の原因は子どもの感性が学校に合わないことです。 例えば、万人が働きやすい会...
不登校の対応法

【永久保存版】不登校の子どもへの効果的な話の聞き方・質問の仕方

お子さんに対してどう声をかけて良いからわからない。そんなお母さんの声をたくさん聴きます。 特に不登校になると、お母さん自身もわからないことだらけで、余計に混乱してしまいます。 で、専門家に相談すると、「まずは話を聴きましょう」と言われますが...
不登校に関するニュース

【国は不登校をどう捉えている?】令和3年の文科省の不登校の「有識者会議」の報告から感じること

私は不登校支援の仕事を長年続けています。特にお母さんのサポートをして行くためにはやはり国が不登校政策についてどのように考えているかを知る必要があります。そのため、文科省の答申や議会の内容も目を通すようにしています。 今年の6月に、令和3年度...
タイトルとURLをコピーしました