不登校で悩むお母さんのためのグループカウンセリングin東京

お子さんの不登校で悩む
お母さん必見の
グループカウンセリングです

  • 元気に笑顔で学校に行ってほしい
  • 子どもに幸せな人生を送ってほしい
  • 子どものことをもっと理解したい
  • 家族の絆で不登校を乗り越えたい
  • 親としてもっと自分らしく生きたい

そんなお母さんのためにカウンセリングセミナーを開催させていただきました。

グループカウンセリングって?

通常のセミナーや講座は講師が一方的にしゃべることが多いです。
そのため、参加者は話したいことや聞きたいことが中途半端になってしまうことが多いです。
「いろんなセミナーに行ったけど、結局今どうしたらいいのかはわからないまま1年も過ごしてきた」と仰るお母さん、お父さんは多いです。

当然ですが、不登校の子どもはその子の性格や置かれた環境、そして家庭での様子で、理解の仕方や考え方は一人ひとり違います。

セミナーでは全体論しか教えできないので、どうしても個別のケースには対応できないのです。

グループカウンセリングでは、不登校の基本的なお話をした後で、一人ひとりお悩みごとをお聞きして解決策を皆さんで考えます

だからこそ、その子に合った対処法や考え方が必ず見つかります。
明日から使える「子どものサポートの仕方」を一緒に探しませんか?

こんな人に受けてほしい!!

  • お子さんの不登校で悩むお父さん、お母さん
  • 不登校の子どもの支援者
  • カウンセラー、教師、フリースクールのスタッフ
  • 通信制高校の先生
  • コミュニティ・ケースワーカーなどなど

カウンセリングセミナーin東京に参加する

過去にカウンセリングを受けられた方の声です

人生で大事な事が得られました

細かく振り返ってみると、私自身も《学校》とズレていた!と思い返せるきっかけになりました。《学校=正しい・間違ってるはずがない!》という潜在意識みたいなものに捕らわれていたような気がします。
そのズレから→肝心な〈我が子の気持ち〉を無視 &さらに追いつめてしまっていたな、と…反省しました。
【子供の気持ち】に軸を置いて、考え理解する視点を見失っていたと、気付き改める機会になりました。
私が変わるしかない、という決心にもなりました。
(たかはしさま)

気づきが得られました

いつも混乱していた。
子どもの気持ちも、自分の感情にも。
理解されないことは不安と焦りしか生まれない。
落合監督のオレ流よろしく、我流で試行錯誤。
時に子どもをなじり、自分が世界一大嫌いだと唇を噛み締めることも。田中先生との対話は、決して解決策が最短で提示されるわけではない。そんな問題集を解くようなものではない。
ただ自分の心が整理されていったことが印象的であった。
己を整理すると、理解されなくて焦っていた自分の気持ちは、まんま子どもの思いそのものではないかと気付かされた。
そんな不安な暗闇の中に居たのか。
包み込み方が違ってたんだ。
子どもの望む包まれ方があるんだと理解した。
だから。解決させるためというより、理解し合うために第三者の助言は有効だと感じる時間だったと感謝。
有難うございました。
カウンセリング、受けて良かったです。
(すんすんさま)

楽しく学べました

先日はありがとうございました。
小6の娘が、不登校になり半年が過ぎ色々と気持ち的には落ち着いてはいたのですが、この先どうしたらいいかやはり不安はあり、カウンセリングを受けさせて頂きました。先生の性格分析がすごくて、娘はもちろんのこと、私、主人、担任の先生の性格や特徴、見事に当たっていました。娘に関してはその性格への対処方も色々と教えていただき、私と主人の性格を把握された上でどう対処すればよいかも細かく教えていただきました。
少しずつ実行し、娘がよい方向に向かっていけばよいと思います。
大変、貴重な時間となりました。
ありがとうございました。
(SEKKY 様)

カウンセリングセミナーin東京に参加する

グループカウンセリングin東京に参加する

田中 勝悟
(不登校専門心理カウンセラー)
カウンセリングルームはぴっと室長
臨床心理士 公認心理師 選択理論心理士

「親子の絆」を強くし、子どもの才能を伸ばすことで、不登校をプラスの経験へと変える専門家。

不登校の本当の原因をベースに親が子どもを理解することで、子どもに変化を起こすカウンセリングを実践している。

カウンセラーとしての成長を求め、民間企業に就職するも会社の風土に合わずわずか2か月で退職。その後は日雇いのアルバイトのみで生計を立てる日々で人生に絶望する。
同時に、社会から取り残された経験を通して、「不登校の子どもや親の苦しさ」を改めて痛感する。

一方で自身の才能を信じてくれた妻の存在によって一念発起し、就労支援を担う企業のスーパーバイザーにまで復活を遂げる。

これらの経験から「不登校で苦しむ子どもたちを救いたい」と考え、2019年4月にカウンセリングルームはぴっとを開設。

その中で親が変わることで不登校が改善していく経験を多く重ねる。その経験から「親の変化の重要性」を痛感し、現在は「親から始まる不登校支援」を展開している。

臨床経験はスクールカウンセラー、心療内科、児童相談所等で10年以上に渡って延べ5000件を越える実績を持つ。また不登校については大学生の時からボランティアで関わってきており、20年以上の経験から培われたノウハウには定評がある。

クライエントからは「子どもが学校に行くようになった」だけではなく、「2年ぶりに会話ができるようになった」「子どもの意外な才能が発見できた」など多くの声を頂いている。

「不登校という才能を発揮する子が社会をより良くしていく!!」という信念の元、日々臨床に従事している。

ワークや参加者とのコミュニケーションを重視していますので、あえて少人数開催とさせていただいています。
ご了承のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

先着(現在申込  名)

セミナー開催場所・日程

日時:2022年5月8日(日)13:00~17:00
場所:ふれあい貸し会議室 銀座No37   
東京都中央区 銀座 5-10-10 オリジナル第一ビル

参加費

いつもはカウンセリング90分で20000円を頂いています。
また当日は1時間ほどのセミナーをしたうえで、他の家庭での不登校の様子も知ることができるので、本来であれば30000円以上する内容のものです。

しかし、カウンセリングルームはぴっとの使命は、不登校のために不幸になってしまう家庭を少しでも多く減らしていき、幸せなご家族を増やすことです。

そのため、今回は特別に下記の値段で開催しています。

1人:  8,000円
夫婦:10,000円
(オンラインスクール参加者はそれぞれ3,000円引き)

支払い方法

カード決済(stripeもしくはPayPal)
銀行振り込み(申し込みから3日以内に入金)
※申し込み時に支払い方法を選択してください
※ キャンセル・ポリシー
  以下の日までにメールにてご連絡をください。
  • 3日前  :全額返金
  • 2~1日前:半額返金
  • 当日    :返金なし

グループカウンセリングin東京に参加する

質問者
質問者

夫婦での参加は可能ですか?

たなか
たなか

大丈夫ですよ。ご夫婦の場合は、+2000円での参加になります
もし、当日急にご夫婦で期待というのであれば、現地で追加分をお支払いください。

質問者
質問者

親じゃなくても参加は可能ですか?

たなか
たなか

OKです。カウンセラーや学校の先生、
フリースクールの支援者、学生など、興味がある方なら
どなたでも参加可能です。

質問者
質問者

子どもを連れていくことは可能ですか?

たなか
たなか

申し訳ございません。
本セミナーはお父さん、お母さん、支援者向けです。

なので、お子さんは対象外となっています。

質問者
質問者

当日、準備するものありますか?

たなか
たなか

特にありません。資料もこちらで準備させていただきますので、筆記用具とノートくらいで大丈夫ですよ。

カウンセリングセミナーin東京に参加する

最後に・・・

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

最後に私の思いについてお話させてください。

私は不登校の子を持つお父さん、お母さんを中心にカウンセリングをしてきました。
その経験から感じていることは「親が変われば子どもは必ず変わるということ」です。
しかし、それを正しく実践できているお父さん、お母さんはまだまだ少ないのが現状です。

私のカウンセリングに来られた方は言います。

「本に書かれていることはわからない」と。
本に書かれていることはある意味では正しいのですが、不登校のことを正しく理解していないと実践するのはかなり難しいです。

不登校を正しく理解して適切なアプローチをすることで、お子さんが幸せになり、笑顔になった家族をたくさん見てきました。
一方で、間違った関わり方をして余計に不登校が悪化したご家庭も見てきました。

私はそうなってほしくない、不登校を乗り越えて幸せな家族を増やしたいという思いから今回のセミナーを企画しました。

不登校は問題行動でも不幸なことでも病気でも障害でもありません。
子どもと家族が幸せになるためのチャンスなのです。

そうしたチャンスを一緒にゲットしませんか?

皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

カウンセリングルームはぴっと室長
不登校専門心理カウンセラー
田中 勝悟

カウンセリングセミナーin東京に参加する

タイトルとURLをコピーしました