④全行動

選択理論基礎講座の4回目です。

基本的欲求や上質世界についてお話しました。

今回は全行動という選択理論心理学の用語についてお話します。

この概念を知っておくと、自身のメンタルの安定に役立ちますよ。

行動は全体的である

上記はグラッサー博士の言葉です。

行動は4つの要素に分かれています。

それぞれ・・・

行為
思考
感情
生理反応

に分かれます。

この4つが一つとなって行動を形成しているので、「全行動」と呼ばれるのです。

そして、行動を4つに分けて考えることで、行動のコントロールのコツがわかるようになります。

つらい時やイライラした時に、「どうすればいいか」が見えやすくなるのです。

行動を車に置き換えて考えてみる

この概念で特に面白いところは、行動を「車」に置き換えて説明しているところです。

実際に、車に置き換えて全行動の概念を説明していきます。

こんな感じです。

車の前輪に行為と思考が、

車の後輪に感情と生理反応が当てはまります。

この前輪と後輪の関係が人間の行動のシステムを理解する際にとても重要なものとなります。

ところで、なぜ前輪には行為と思考が後輪には感情と生理反応がそれぞれ当てはまるのでしょうか?

少し考えてみてください。

車を運転したことがあれば、イメージがしやすいと思います。

感情と生理反応はコントロールができない

車を運転するときをイメージしてみてください。

ハンドルを握りますよね。

ハンドルを回すと、前輪と後輪、どちらが動きますか?

答えは「前輪」です。

前輪は、ハンドルを回すだけで簡単に動かすことができます。

逆に後輪はハンドルをいくら回しても動かすことはできません。

これを先ほどの全行動の概念に置き換えてみると、

行為と思考は意図的にコントロールすることができる。

一方で、感情と生理反応は意図的にコントロールすることができない。

ということになります。

例えば、歩く、立つ、顔を洗うといった行為は簡単に行うことができます。

また、明日の予定を立てる、次することを考える、好きなことを思い浮かべるといった思考も比較的簡単です。

しかし、「今すぐ怒ってください」と言われて怒ることはできますか?

「悲しい気持ちになってください」言われて、悲しくなることはできるでしょうか?

こうした感情を意図的にコントロールすることはできません。

また、急に汗をかくことや、一秒以内に寝る、おなかを急に減らすといった生理反応を変えることもかなり難しいです。

(ヨガの達人など、何年も修行を重ねた人ならできるかもしれませんが・・・)

車の後輪のように感情と生理反応は意図的にコントロールすることができないのです。

前輪が変われば、後輪も変わる

ここで、さらに大切なことは、ハンドルを切ると、前輪が動き、前輪の後をついていくように後輪も動いていくということです。

これを全行動に置き換えてみると、行為と思考が変われば、感情と生理反応も変化するということです。

例えば、天才子役だった芦田愛菜ちゃんは、悲しい演技をするときに、お母さんがいなくなった時のことを思い浮かべて、悲しい気持ちになるとテレビで話していたのを見たことがあります。

これは「お母さんがいなくなる」と思考を変えることによって、「悲しい気持ちになる」と感情が変化したということです。

また、汗を急にかくことはできませんが、走るという行為によって汗が出ます。

梅干を見れば、よだれがでるというように生理反応が変化します。

眠たくなくても、横になってぼーっとすれば、自然と眠たくなります。

(これを意図的に誘発する自己催眠法もあります)

このように、行為と思考を変えることによって、感情と生理反応が変化するのです。

この全行動のメカニズムの基本的な概念が私たちの行動をコントロールする上で極めて大切になるのです。

効果的に行動をコントロールしよう

効果的に行動をコントロールするためには、変えられる部分をしっかりと見極めることです。

行為と思考を意識してコントロールするように努めることでセルフマネジメントが上手になります。

例えば、落ち込んだ時は「落ち込まないようにしないと!!」と感情を何とかしようとしてもうまくいきません。

逆に、一層落ち込んでしまい、自己嫌悪が強くなることもあります。

その場合は、「これからどうしようか」と思考を変えることに意識を向けてみましょう。

そうすると、今の状況を何とかしようと、情報を集めるといったように行為が変わってきます。

「そうか、こうすればいいんだ」と思考が変わってくると、自然と落ち込み感情も明るい気持ちへと変わってきます。

大切なことは、行為と思考を上手にコントロールするよう努めること。

そして、感情と生理反応を無理やり変えようとしないこと。

これがセルフコントロールのコツなのです。

メルマガ登録は↑から


開催日についてはこちらをご覧ください

神戸支部研究会のfacebookページはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする