学校復帰が向ている不登校の子どもと向ていない子の違いって?

※ この記事はブログやメルマガから「ぜひ、多くの人に知ってもらいたい」と思ったものを加筆修正したものを掲載しています。

 

不登校の回復には個人差があることは周知の通りです。
しかし、解決の方向性にも個人差が多いというのも事実です。

今回は学校復帰が向いている子、向いていない子と言う視点で、自身のお子さんがどういう支援をしていけばいいのかを一緒に考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

学校復帰を目標としないといっても・・・

不登校解決のゴールについて本当に個人差があります。

 

文科省は201910月に「学校復帰を目標としない」といった内容の通達をしましたが、それでも学校復帰を目標とした方が良い子もいます。

 

私はこの通達で、不登校の子が学校復帰にとらわれなくても良くなったという意味では非常に価値があるものだと思っていますが、その一方で学校復帰した方が良いと思える子も「学校に行かなくていい」とされてしまうことに懸念を感じています。

 

学校復帰を目標とした方がよい子が学校に行かないでいるとニートや引きこもりになる可能性が高くなります。

 

これは子どもの特性や性格傾向をしっかりと吟味していくことで見えてくるようになります。

私がたびたび「子どもを理解することが大切」と言っていますが、間違った理解をすると、間違った方向性を立ててしまい、間違った支援をしてしまうことになります。

子どもに合っていない支援は、「百害あって一利なし」です。

個人的な見解をいえば、学校復帰をゴールとしないことはよいのですが、全ての不登校のお子さんが学校以外の場があっているのかというと疑問に思うところです。

学校復帰を目標にしたほうが良い子

正直な話を言えば、多くの子は実は「学校復帰をした方がいいんじゃないかと考えています。

その理由としては、日本は学歴社会だからです。

中学校・高校・大学へと進学した方が、収入は安定しやすい傾向にあります。

また、自分の理想に近づきたいのであれば、大学を出て資格を取得するべきだと考えています。

学校復帰を目指した方がよい子の特徴は、学校内で仲の良い友達がたくさんいるかどうかは一つの目安です。

要は学校がその子にとって居場所の役割があったかどうかです。

それと、その子自身の中で、「やはり学校に行って頑張りたい」という思いがあるかどうかというのも目安です。

あまり知られていませんが、多くの子は「学校に戻りたい」という気持ちを持っているものです。

しかし、それが難しいのも彼らの気持ちです。

別室登校や部分登校など、何かしらの形で学校に行き続ける子は学校復帰を目指していくというのが一番良いと思います。

学校以外の場の方があっている子

一方で、学校に合わない子もいます。

 

学校ではなく、フリースクールやその他で居場所を見つけた方がいいだろうという子です。

 

こういう子の特徴として、学校ではおそらく発揮できないであろう個性が隠れていることです。

 

学校以外の場の方がこの子の個性が輝く可能性が高いというのであれば、おそらくその子は学校以外の場で成長を支えるということが合っていると思います。

 

先ほどの文科省の通達は、おそらくこちらのタイプの子を意識したものだろうと思います。

 

実際に不登校になって、そこから自分で勉強したり、フリースクールや不登校専門の学校に行くことで、自分の個性やできることを伸ばしていき、その才能を開花した人はたくさんいます。

 

そうしたケースを引っ張り出して「不登校は才能を発揮させることが大切だ」という人がいますが、そうした人たちは不登校の子どもたちの一部だと思います。

 

全ての子どもたちが才能豊かで、それを伸ばして大物になれるわけではありません。

 

もちろん、不登校の子どもが社会で活躍する場合、芸能人やアーティスト、専門職や経営者などで頭角を現す場合もあります。

 

しかし、多くの人は生きる強さを身に着けて、頑張ってサラリーマンやOLをしています。

 

そのため、「不登校=才能がある」と即座に考えず、じっくりと子どもと向き合うことで少しずつ理解していくということが大切だといえます。 

スポンサーリンク

まとめ

私個人の見解としては、学校に行くかどうかはあまり意識はしていません。

大切なのは、子どもがどう思っていて、お母さんやお父さん、学校の先生が「何ができるか」が見えてくる方が大切です。

その結果、ある子は学校に行った方がいいと思えるし、学校に行かないほうがいいというのがわかってくるということが多いです。

焦らずにゆっくりと考えていくこと、明らかにしていくことが大切です。

すぐに結論を出さないで、子どもと向き合いながら答えを見つけていくことが大切なんじゃないかと思います。

 

カウンセリングのご案内
カウンセリングルームはぴっとでは、不登校専門のカウンセリングを実施しています。

興味ある方は↓をクリックしてください。

★ カウンセリングの案内はこちらから

★ 研修会・セミナーの案内はこちらから

また無料でメルマガの購読ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする