子どもの状態に合った親の望ましい関わり方とは?

 

この記事を読んでほしい人

・子どもが良くなっているのかどうかわからなくなっている人

・これからどう支援していけばわからなくなっている人

 →不登校の子どもの関わり方、支え方がわかるようになります。

スポンサーリンク

 

不登校の回復は個人差がある

学校復帰がゴールとならない子

不登校解決のゴールについて本当に個人差があります。

 

文科省は201910月に「学校復帰を目標としない」といった内容の通達をしましたが、それでも学校復帰を目標とした方が良い子もいます。

 

私はこの通達で、不登校の子が学校復帰にとらわれなくても良くなったという意味では非常に価値があるものだと思っていますが、その一方で学校復帰した方が良いと思える子も「学校に行かなくていい」とされてしまうことに懸念を感じています。

 

学校復帰を目標とした方がよい子が学校に行かないでいるとニートや引きこもりになる可能性が高くなります。

 

これは子どもの特性や性格傾向をしっかりと吟味していくことで見えてくるようになります。

 

個人的な見解をいえば、学校復帰をゴールとしないことはよいのですが、全ての不登校のお子さんが学校以外の場があっているのかというと疑問に思うところです。

 

 

学校以外の場の方があっている子

一方で、学校に合わない子もいます。

 

学校ではなく、フリースクールやその他で居場所を見つけた方がいいだろうという子です。

 

こういう子の特徴として、学校ではおそらく発揮できないであろう個性が隠れていることです。

 

学校以外の場の方がこの子の個性が輝く可能性が高いというのであれば、おそらくその子は学校以外の場で成長を支えるということが合っていると思います。

 

先ほどの文科省の通達は、おそらくこちらのタイプの子を意識したものだろうと思います。

 

実際に不登校になって、そこから自分で勉強したり、フリースクールや不登校専門の学校に行くことで、自分の個性やできることを伸ばしていき、その才能を開花した人はたくさんいます。

 

そうしたケースを引っ張り出して「不登校は才能を発揮させることが大切だ」という人がいますが、そうした人たちは不登校の子どもたちの一部である可能性が高いです。

 

全ての子どもたちが才能豊かで、それを伸ばして大物になれるわけではありません。

 

もちろん、不登校の子どもが社会で活躍する場合、芸能人やアーティスト、専門職や経営者などで頭角を現す場合もあります。

 

しかし、多くの人は生きる強さを身に着けて、頑張ってサラリーマンやOLをしています。

 

そのため、「不登校=才能がある」と即座に考えず、じっくりと子どもと向き合うことで少しずつ理解していくということが大切だといえます。

 

 

不登校の解決を図るための指標について

不登校の子どもたちの回復の指標はいくつかあります。

大切なのは、それらをメインで考えるのではなく、あくまでもそれらは指標の一つだという認識を持つことが大切です。

 

私は下の指標を複合的に使って子どものことを理解するよう努めています。

 

指標は

1)学校に行く程度で測る指標

2)活動性で測る指標

3)親子関係の改善状況で測る指標

3つがあると考えています。

 

学校に行く程度で測る指標

文字通り保健室登校、別室登校、夜間や部分登校など、登校している状態で測る指標です。

客観的に見えるので、多くの方はこの指標を使って考えているのではないかと思います。

ただ、問題点があるとすれば、「学校に行っている=回復している」と思ってしまうと後々大変になってしまうということです。

例えば、保健室登校や別室登校をしていてもかなり無理をして行っている、もしくは嫌だけどお母さんがうるさいから仕方なくいっている、というケースもあるでしょう。

 

こういう心に闇を抱えたまま学校に行き続けている状態が果たして回復といえるかどうか。

 

客観的・表面的な指標ですので、あまり鵜呑みにしすぎないことが大切かと思います。

 

活動性で測る指標

これは子どもが元気になってきたかどうかで測る指標です。

不登校初期のころはあまりにも心が疲弊してしまい、部屋の隅でいるだけとか、ずっと寝ている状態であるとか、とにかく活動しない状態にある子が多いです。

そこから少しずつですが、テレビを見るようになったり、ゲームをするようになったり、家の中をウロウロするようになったりなど活動的になってきます。

ある時は「暇~」いうこともあるでしょう。

お母さんから見れば「暇だったら学校に行けばいいのに」と思うかもしれませんが、この「暇~」という言葉は、活動的になってきた証拠であるといえます。

また、お友達が誘うと出かけるといったり、趣味や好きなことに夢中になることもこの「活動性の指標」だといえます。

 

ただ、この指標だけでみると、「そろそろ元気になったから学校に行けるだろう」と思って登校を促しても、「いやだ」と大きな反発にあい、なかなか復帰までいけないということもあります。

 

なので、この指標も十分役立つのですが、これだけではまだまだ不十分だといえます。

 

親子関係の改善状況で測る指標

最後に、私が大切にしているのは「親子関係で測る指標」です。

ただ単に私が不登校のお父さんやお母さんを中心に支援活動をしているので、おのずとこの指標を使うことが多いということもあります。

 

不登校初期のころは、「学校に行かない子どもVS学校に行かせようとする親」という構図になるので、どうしても関係が悪化します。

 

関係が悪化すると、どれだけ有効な支援もあまり意味をなしません。

 

また、関係が悪い時の親の介入のほど子どもにとって悪影響を及ぼすものはないと思います。

逆に言えば、関係が良好になればなるほど、親子で話をすることができるようになり、そこから子どもにとってプラスとなるような支援につながってきます。

 

また、親が子どもを適切に理解できるようになります。

 

この親の理解度というのは、主観的ですが親自身が子どものことを話すときに、お子さんのことがリアルに生き生きとイメージできるように話してくれるかどうかが一つの基準と思っています。

 

こうした親子関係というポイントに焦点を当てると、非常に多くの支援のポイントや方向性が見えてくるので、かなりおすすめです。

スポンサーリンク

親子関係で見たときの回復の程度について

子どもとの会話どころか顔を見ることもできない場合

心理的な距離と身体的な距離はある程度比例するといわれています。

 

もし、お子さんと全く会話ができない、それどころか顔を見ることもできない場合は、非常に関係が悪くなっている状態であるといえます。

 

その場合の目標はお子さんと世間話ができることです。

 

もしくは朝起きたときに挨拶を交わすことができることです。

 

まず、身体的な距離が近づかないと心理的な距離を近づけるなんてことはできません。

(もちろん、近すぎるのもNGです。人にはそれぞれパーソナルスペースという「これ以上は入ってほしくない」という距離があるので、それは尊重するべきです)

 

その際に大切な関り方は、「なぜこの子は親との距離をどんどんおこうとしているのか」を考え続けることです。

 

そして、親のエゴではなく、子ども視点でその子が助かるような関わり方をしていくことが大切です。

 

子ども自身も「自分に負担がない範囲で関わってほしい」と思っているものです。

 

そのため、簡単な挨拶や手紙でのやり取りなど、お子さんが負担にならない範囲での関わりかけをしていくことが大切です。

 

 

簡単な挨拶はするけど、会話があまりない

簡単な挨拶や会話をするけれども、あまりコミュニケーションが取れているようには思えない場合です。

 

この場合で大切なのは、親の方からコミュニケーションをとろうとしても徒労に終わることが多いということ。

 

そのため、無理に気を使って話しかけない方がいいことが多いです。

 

当面は、事務的な会話を中心に進めていくことが大切です。

 

子ども自身が考えていることとして、「変に仲良くなったら、いろいろ言ってくるだろう」という不安や恐れが背景にある場合もあります。

 

挨拶や簡単な会話ができるということは、子どもの方から話をしてくれる可能性は高いです。

 

そして、大切なのは子どもが話しかけてきたときに、親はどう対応するかです。

 

まずは話をしっかりと聞くことに努めましょう。

 

否定や批判をしないようにし、「ああ、この子はこんなことを考えているんだ」という視点で話を聞いていくということが大切です。

 

非常に難しいですが、こうした関わりをすることで、少しずつ子どもとの距離を縮めていくことができます。

 

雑談や好きなことは話せるが、将来のことなど大事なことは話せない

今の不登校のお子さんを持つ親子はこの水準の人が多いのではないかと思います。

 

「学校や将来の話以外なら普通なんですけど、学校のことを話すと途端に機嫌が悪くなるんです」

 

そうしたもどかしさを訴えるお父さん、お母さんは非常に多いです。

 

この時期では「活動性の指標」を使って考えることをお勧めします。

 

将来のことや学校というストレスフルなことに向き合う前に、ある程度の準備が必要です。

問題は、その準備を乗り切るだけの心の準備であったり、余裕があるかどうか。

 

この段階の多くの子たちは、学校や将来のことを考えるまでの準備が整っていないことが多いものです。

 

また、自分がどうなりたいかのイメージが見つからないという場合もあります。

 

この時期はそのイメージ作りの段階だといえます。

 

例えば、いろんなところに出かけたり、家族で旅行に行ったり、「今しかできない体験を積ます」ということも一つの手です。

 

もちろん、勉強したり、好きなことに没頭する機会を提供することも良いでしょう。

 

学校も大切だけど、学校以外の経験を積むことで、子どもの将来のイメージを広げていくことが大切な関りになります。

 

 

学校や将来のことについて話し合いができる

ここまでくると、ほぼほぼ回復はできていると思って間違いないでしょう。

 

子ども自身が将来のことについて話し合えるようになってくれば、次どうするか、学校に復帰するのか、それとも別のことをするのかを親子で話し合うことができるようになっているはずです。

 

大切のことは、お父さんやお母さんも子どもと話し合うことができるほどの器が育っているということ。

 

そうなると、けんかにならず、けんかになったら話し合いを中断して、少し落ち着いてから話し合うといったように冷静に話し合うことができるようになります。

 

不登校は子どもだけではなく、親も鍛えられます。

 

そうした親の成長する機会を子どもが与えてくれているのです。

 

私個人の考えですが、不登校の回復の過程は、実は親の成長というのが一番の指標ではないかと思います。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

また、親子での話し合いの仕方や関わり方の基本については、別の記事で書かせていただきたいと思います。

 

不登校の回復と関わり方について、親子関係という指標を用いて書かせていただきました。

 

不登校はとにかく子どもの変化にのみ目をとらわれがちですが、実は親自身が成長しているということがとても大切なことです。

 

そのためには、親目線、自分目線での関りから子供目線、つまり相手目線での関りができるようになるという過程が大切ではないかと思います。

 

カウンセリングではよくそうした場面に出会いました。

 

「お母さんが成長したから子供が変わったんだろうな」と思える場面です。

 

ぜひ、お悩みの方ははぴっとのカウンセリングをご利用ください。

 

一緒に子どものために何ができるか考えましょう。

カウンセリングのご案内
カウンセリングルームはぴっとでは、不登校専門のカウンセリングを実施しています。

興味ある方は↓をクリックしてください。

★ カウンセリングの案内はこちらから

★ 研修会・セミナーの案内はこちらから

また無料でメルマガの購読ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする