そもそもカウンセリングって何?どんなことをするの?

※ この記事はブログやメルマガから「ぜひ、多くの人に知ってもらいたい」と思ったものを加筆修正したものを掲載しています。

カウンセリングはいまだに多くの方に誤解されているところが多いように思います。
「カウンセリングのやり方・進め方はその人の数だけある」と言われているように、本当にやる人、受ける人によって進め方や技法が異なります。
それがより一層カウンセリングそのものの理解を難しくさせているように思います。
今回の記事では私なりに考えた「カウンセリング」についてお話をしています。

スポンサーリンク

そもそもカウンセリングって何?

カウンセリングと言う言葉が市民権を得られるようになって大分年月が経ちました。

そのため、「カウンセリングと言う言葉を聞いたことがない」と言う人は、日本ではほとんどいないと思います。

私は大学院を卒業して、しばらくは教育補助の仕事をした後は、スクールカウンセラーや病院の心理士をしてきました。

また、ベテランカウンセラーの師匠のもとで、カウンセリングの基本的な考え方やスキルを学び続けました。

そうした経験から、「カウンセリングとは何か?」についてお話をしたいと思います。

ちなみに、カウンセリングとは一言でいえば、人間関係を通してその人の考え方や行動に変化を起こす行為です。

例えば、「話を聴いてもらってすっきりした」「整理ができた」と言った場合、カウンセラーとの人間関係を通して何らかの変化が起こっています。

そうした変化を通して、その人が「より良く生きていくことができるのかを支援していく」ということがカウンセリングなのです。

カウンセリングを受けるとどんな効果があるの?

カウンセリングの効果を一言でいえば、「これからどうしたらいいのかが見えるようになった」ということです。

「え?たったこれだけ?」と思う方もいると思いますが、実はこれはかなり大きいです。

多くの人は、混乱すると、あわててしまい間違った判断をしてしまいがちです。

また、親や上司などの人に相談すると、「あなたのやり方が間違っているからダメなんだ」と批判や避難されたり、話を聴かずに「こうしたらいいよ」とアドバイスや助言を一方的に言われたりして、余計に心の中がぐちゃぐちゃになったという経験をした人は多いはずです。

人は「わかってもらえた」「話を聴いてもらえた」という経験を持つと、そこで「頑張ろう」というエネルギーが出て、そして「どうしたらいいか」を自分の中で見つけようとします。

これがとても大切な事であり、カウンセリングの大きな効果です。

例えば、カウンセリングを受けて話を聴いてもらい、自身の思っていることや考えていることを整理し、そのあとで弁護士に相談されたという方がいます。

また、カウンセリングで整理していくうちに、自分自身がどうしたいかを明確にしていく中で、エージェントに相談し、転職した方もいます。

カウンセリングとは中途半端な支援と言う人もいますが、本当にそうだと思います。
はっきりと自身の状態が整理されたことで、次どうするかが明確にしていくことができる。それがカウンセリングの大きな意味です。

スポンサーリンク

カウンセリングは不登校に効果があるの?

カウンセリングは不登校に意味があるのかどうかということですが、私は大いに効果があると考えています。

例えば、お父さんやお母さんがカウンセリングを受けることで、子どものことや今の状況を適切に見れるようになり、子どもにあった関わり方ができるようになります。

その結果、教室復帰できるようになったり、フリースペースに行けるようになった事例はたくさんあります。

また、お子さん自身に対して、カウンセリング続けたことで、学校復帰・教室復帰できるケースもあります。

他にも、教職員とのカウンセリングを通して、不登校が改善した事例もあります。

カウンセリングを受けることで、「そうか、こうすればいいんだ」というのが自然と見つかるようになります。

大体、そうしたものは、本で読んだり、誰かに教わったりしたものよりも効果的である場合がほとんどです。

カウンセリングを受け続けることで、「自分でどうすればいいか」を考えていく力が育ってきます。

それが他にも良い影響を与えて改善していくのだといえます。

 

 

カウンセリングのご案内
カウンセリングルームはぴっとでは、不登校専門のカウンセリングを実施しています。

興味ある方は↓をクリックしてください。

★ カウンセリングの案内はこちらから

★ 研修会・セミナーの案内はこちらから

また無料でメルマガの購読ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする