不登校になると情緒不安定になる子が多い理由とは?

不登校になると、最初のころは気持ちが安定しているように見えますが、それは一瞬だけのことが多く、そのあとはどんどんと悪化していくことが多いです。
その理由についてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

不登校になってから悪化する子どもは多い

学校に行かなくなってからしばらくすると、子どもは落ち着いてきます。

学校というストレスがなくなるからです。

しかし、それからしばらくすると、急にイライラしたり、暴れだしたりするケースがあります。

また、逃げるようにスマホやネットゲーム、動画に依存するような子どももいます。

いわゆる状態が悪化するのです。

そうなってくると、親が何か子どものためを思って言葉かけをしたところで、余計にふさぎ込んでしまい、会話にならないということも多々あります。

なぜ学校というストレスがないのに、余計に悪化するのでしょうか?

情緒が不安定になってくる理由

大切な視点を一つ提供します。

若い人ほど「このままでいいんだ」と思っていないということです。

子どもは学校に行かなくなって、どこかホッとしていることと思います。

しかし、同時に「このままでいいわけがない」とも思っています。

他の人たちはみな学校に通っていて、授業を受けています。

自分は学校には行っていなくて、毎日ずっと家にいる状態です。

「でも、学校という場に行ったら自分は死んでしまう。あんなところに戻ったら自分じゃいられなくなってしまう」という感じもあります。

また、「それに今更どうやって学校に戻ればいいんだろう?」と見通しのなさからくる不安も感じています。

「このままでいいわけじゃない」と思いながらも「じゃあ、どうしたらいいの?」という葛藤の中で苦しんでいるのが不登校の子どもの心の姿なのです。

そして、そのために情緒不安定となり、メンタルヘルスが悪化してしまう一番の理由なのです。

スポンサーリンク

親や教師の一言に敏感になってくる理由

また、そうした中でどんどんと自信を喪失している不登校のお子さんは、周りからどう見られているかにひどく敏感です。

もともと、繊細で感受性の高い一面も持っているので、さらに周りの雰囲気にも敏感に察知しています。

そんな子どもたちは、どこかで「お父さんやお母さんも私に対して失望しているんだろうなあ」と親が感じていることを知っているのです。

そうなってくると子どもの心は疑心暗鬼です。

親から見れば何気ない一言なのに、それを悪く受け取ってしまい、感情が不安定になってしまいます。

ストレスや脅威に対処するために、私たちが生まれつき持っているものに闘争―逃走反応というのがあります。

人は何か脅威を感じると、脳が反射的に「闘争(戦う)」か「逃げる(逃走)」するかを自動的に選んでしまうという反応です。

また、「固まる」という場合もあります。

例えば、親や先生から「学校に行かないの?」「そのままでいいと思っているの?」「いつまでその状態でいるの?」「なんかやってみたら?」という実際に言われたとします。

もしくはそういう状況や雰囲気を察知したとします。

すると、子どもはそれを脅威と感じてしまいます。

そのため、気持ちが不安定になってしまい、暴言を吐いたり、泣き叫んだりするのです。

また、先生が来ると自分の部屋に逃げるというのも同じ理屈です。

後は、その時は何も言わず固まったような状態になった後で、その後に大声で泣き出すような場合もあります。

これらは私たちの反射的に反応している部分が大きく、当の子ども自身が自分でコントロールするのは至難の業です。

脅威に感じる一番の原因を考える

イライラしたり、不安で泣き叫んだりするのは、不登校である状況と繊細さを持っている子どもにとっては普通の反応だと思った方がいいです。

そして、反射的に起こるものであるため子どもが頑張ってコントロールすることは難しいです。

ここで考えないといけないことは、なぜ子どもが先生や親の一言を「脅威」と感じるのかです。

なぜかと言えば、自分に「自信」がないからです。

自信があるということは、「自分は大丈夫だ」という確信が持てるということです。

しかし、彼らは学校という場に耐えきれず、「このままでは自分はダメだ」と意識的・無意識的に感じてしまい、不登校になるという選択をしました。

そして、学校に行けていない状況それ自体が「自分はダメだ」と思っているという状態です。

私たちだって、仕事の環境に耐えきれず辞めてしまい、長い期間ニート状態になっていると、だんだんと自信を失うものです。

その時に周りから「仕事はどうしているの?」と言われたら、かなり追い込まれたような気持ちになります。

その時に、「うるさいな!!」と怒鳴り散らす人もいますが、多くの人はこれ以上会話をしないようにそうした会話を避けたり、何も言わず固まるという行動を選択されると思います。

しかし、途中で自分がやりたいことが見つかったり、仕事が決まって新しい職場で楽しく働けるようになると、少しずつ自信が回復してきます。

自信がついてくると、ちょっとやそっとのことを脅威とは感じにくくなってきます。

また、どん底に落ちているときに、身近な人からの「大丈夫」という一声が「頑張ろう!!」と思える力になることも多々あります。

そうしたことを考えていくと、
子ども自身の学校以外の良さを伸ばしていくこと、
認めていくということを通して、
自信を育てていくことで、
少しずつ生きていくための力を身に着けていくこと
が大切なことではないかと思います。

 

カウンセリングのご案内
カウンセリングルームはぴっとでは、不登校専門のカウンセリングを実施しています。

興味ある方は↓をクリックしてください。

★ カウンセリングの案内はこちらから

★ 研修会・セミナーの案内はこちらから

また無料でメルマガの購読ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする