不登校は親のせいじゃない!!じゃあ何が原因なの?

この記事で読んでほしい人
〇 子どもが不登校になってしまって、自分を責め続けているお母さんとお父さん
〇 不登校になった原因がわからず、どうしていいかわからなくなった方

カウンセリングルームはぴっとの田中勝悟です。

子どもが不登校になってしまうと、「私のせいで不登校になったのではないか」と自分を追い込んでしまうお父さんやお母さんは多いです。

特にお母さんの場合、「今までの子育てが悪かったのか?」と自責の念に駆られてしまい、抑うつ状態になってしまう方もおられます。

そうした方に、今回は不登校の原因について、改めてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

不登校の原因は親じゃないと言い切れる理由

子育てが原因なら多くの子どもが不登校になっている

まず、考えないといけないのは、子育てが原因であれば、なぜ多くの子供たちは学校に行けているのでしょうか?

お父さんやお母さんの小さい頃を思い浮かべてみてください。

ご両親から満足いく子育てをしてもらえたと思える人はどれだけいるでしょうか?

もちろん、「いい両親だった」という人もいますが、100%子どもが満足できるような子育てができる人なんて一人もいないはずです。

振り返ってみると、「あの時は腹立ったなあ」とか、「あんな風に言われて本当に悲しかった」とか、いろいろあったはずです。

そもそも不適切な子育てが原因で不登校になるのであれば、虐待を受けた子はみな不登校になっていないとおかしいはずです。

そうしたことを考えると、子育てや親の関わりが原因で不登校になるとは言い切れません。

親の一言は不登校の原因ではなく、きっかけ

もちろん、親の不用意な一言で子どもをひどく傷つけてしまうことがあります。

それで学校に行けなくなったという事例も何度も見てきました。

しかし、その一言が原因ではありません。

一つのきっかけにしか過ぎません。

もし、傷ついた一言で学校に行かなくなるのであれば、不登校の数は今よりもっともっと増えているという計算になります。

そして、不思議なことですが、不登校になった後に親子関係が悪化するケースは少なく、かえって良好な関係を築いていることもあるのです。

お母さんやお父さんの言葉は不登校の原因だったというよりも、一つのきっかけとして作用したという見方をした方がしっくりとくるというのが今までのカウンセリングからの私の印象です。

だからこそ、自分を責めずに、できることを考えてほしいのです。

不登校の原因をしっかりと理解する

不登校の原因が親にあったとは私は考えていません。

もちろん、子ども自身が「親に自分を見てほしい」という思いや、壁に躓いて親に助けてほしいと思ったときに、そうした子どものSOSを見逃してしまい不登校となってしまうようなケースはあります。

しかし、それは子ども自身の「生きる力が欠けている」という不登校本来の原因によるところが大きいです。

その証拠として、多くの子どもたちは壁に躓いても、思いが叶わなくても、自分と上手に折り合いをつけて学校に生き続けています。

不登校の原因は繊細過ぎるゆえに傷つきやすく、そして自分らしい振舞い方、出し方が上手でないために、学校の中でエネルギーを出しすぎたことにあります。

もっと言えば、子たちの個性と学校という環境が合わないために、不登校という現象が起きるのだと私は考えています。

そうした原因があり、子供たちがひどく傷つき、エネルギーを起こしている中で、両親の喧嘩や親の何気ない対応が引き金となって、不登校になってしまうのです。

スポンサーリンク

問題は子どもが不登校になってからどう関わるか

親の関りが維持要因となっている場合も十分あり得る

ただ、だからといって「私たちの関りが原因じゃなかったんだ。よかった」と思うのはまだ早いです。

それは不登校の維持要因についてです。

子どもが学校に行きだす、そして外に出るようになっていくためには、親の支援や関わり方が大きな影響を与えます。

例えば、よくあるケースが「子どもをゆっくりと休ませてあげてください」と言われ、そのまま放置していたら、どんどんと悪化してしまい、学校に行けなくなったケース。

また、親が子どもに対して批判や非難を繰り返し、「なぜ学校に行かないのか!?」「いつ学校に行くの!?」と長期間にわたって言い続けた結果、親子関係が悪化してしまい、手の着けようがなくなってしまったようなケース。

親が不適切な関わり方をし続けると、どんどん子どもの不登校は長期化します。

長期化するのであればまだマシです。

ひどい場合は、部屋から出なくなり、社会との関りがなくなってしまうと、自立する力を育てるのは至難の業となります。

大切なのは子どもを理解し続ける姿勢

放置してもダメ、無理強いしてもダメ、やさしくしてもダメ。

何とかして子どもを学校に行かせようとすればするほど、子どもとの距離が空いてしまい、親としては無力感にさいなまされます。

じゃあ、どうしたらいいんだろうか?

その答えは、「理解する姿勢を持ち続けること」です。

わからなくてもいいです。

それでも絶えず「わが子はどう思っているんだろうか?」と自分に投げかけることが大切です。

もし、無理やり学校に連れて行って子どもが嫌がっていた場合、なぜ嫌がるのか?と考えてみてください。

「学校に行かないなんて悪いやつだ。」「なんてわがままな子だ」と安易に結論をつけてしまうと、その安易さが邪魔をして、子どもを正確に見られなくなってしまいます。

そうなうと、子どもがやっと動き出したとき、そのチャンスを逃してしまう結果にもつながってしまいます。

だからこそ、子どもを理解することが大切です。

前を向く子ども、子どもを向く親

私たち人間は、絶えず前を向くようにできています。

いつからか、うまくいかないことが増え、挫折や失敗を繰り返すうちに、前を見ることをあきらめてしまいます。

また責任感や今するべきことに圧倒されてしまい、前を見ることをあきらめてしまいます。

それが大人になるということかもしれません。

しかし、子どもは絶えず前を向いています。

前を向こうとします。

それが子どものすばらしさであり、可能性は無限大だと感じてしまう所以でもあります。

子どもが何をどう向いて、今を頑張ろうとしているのか。

そして、そのために今何をしているのか?

そのことにしっかりと目を向けてあげてほしいと思います。

いろんな親がいて、その人らしくでOK

子どもを理解するということは、結局のところ子どもに向き合うということです。

そして、子どもに向き合うということは自ずと親自身が自分に向き合うということでもあります。

多くのお父さんやお母さんは、子どもの不登校を通して、改めて自分自身を見つめなおしていきます。

しかし、中には親自身が頑張りすぎてしまい、つぶれてしまうことがあります。

親も人間です。

子どもにたっぷり愛情を注ぐ親もいれば、愛情が注げない親もいます。

子どもと距離が近くても大丈夫な親もいれば、子どもと距離が遠いほうが安心する親もいます。

怒りっぽい短気な親もいれば、ゆったりとあまり怒らない親もいます。

上記は気質(生まれつき変わることのない性格の部分)で決まっていて、無理して変えようとすると親自身の心身が崩れてしまい、かえって精神的につぶれてしまいます。

だからこそ、親自身のペース、できる範囲で、その人らしいやり方で取り組まれるのが一番だと思います。

今までお母さん、お父さんとして頑張ってきたと思います。

どうぞ、自信をもって、家族や学校と力を合わせて子どもの成長を支えていってほしいと思います。

また、今回のブログの内容だけではうまく自分自身を振り返ることができないこともあります。

その時はどうぞカウンセリングルームはぴっとのカウンセリングをご利用ください。

少しずつ整理することができれば、子どものこどもご自身のこともしっかりと理解することができるようになります。

まとめ

1)不登校の原因は親にはないが、不登校の維持要因として親の関わりの影響は多い。

2)絶えず、理解する姿勢が大切。

3)だからと言って無理はせず、お父さんお母さんのペースで進めていくことが大切。

 
 
カウンセリングのご案内
カウンセリングルームはぴっとでは、不登校専門のカウンセリングを実施しています。
興味ある方は↓をクリックしてください。

★ カウンセリングの案内はこちらから

★ 研修会・セミナーの案内はこちらから

また無料でメルマガの購読ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする