スクールカウンセラーの仕事内容と実態

私は過去6年以上スクールカウンセラーとして小・中学校に勤務していました。

その前には学校現場で教員補助の仕事をしていました。

そのため、学校というものについては心理カウンセラーの視点からではありますが、ある程度の経験を積んできています。

の中で、スクールカウンセラーの実態についてお話を させていただきたいと思います。

今回のお話を聞くことで、これから不登校などで相談をしていくときのヒントになればと思います。

スクールカウンセラーは不登校の専門家じゃないということ

私のほうでよく聞くことが、「スクールカウンセラーに話をしてもぜんぜん息子の不登校が改善しなかった」というものです。

 

スクールカウンセラーに相談して不登校が改善しないというのはよくある話です。

 

そもそもスクールカウンセラーは不登校の専門家ではありません

(ここ、とっても大切なところです)

 

学校に来ている子どもたちを心理的な観点からサポートをする専門家です。

 

そのため、スクールカウンセラーは不登校の子どもたちを学校に来させるためのノウハウや知識は持ち合わせていません。

 

ベテランから初心者までピンキリ

それから、スクールカウンセラーの課題の一つは、ベテランから初心者まで本当にピンキリです。

 

中には校務分掌や特別支援コーディネーター、生徒指導、教育相談といった学校組織の何たるかもわかっていない人がやってくる場合もあります。

 

まだ学校現場を知らない人が来るのはいいでしょう。

 

カウンセリングの経験が全くない人がスクールカウンセラーとして勤務するケースもあるのです。

 

そうした初心者からベテランまでピンキリのレベルなのがスクールカウンセラーの実状です。

 

また、スクールカウンセラーは35年で別の学校に異動することがほとんどです。

 

また非常勤職なので、正社員の仕事が見つかった場合は、その年度で辞めてしまわれる場合も多いです。

 

そのため、ベテランの方や「むっちゃ良いカウンセラーに会えた」という場合でも、最悪1年ほどで辞めるか異動するかしてしまい、また別のカウンセラーから再スタートという場合もあります。

(公的機関なので、仕方がないといえばそうかもしれませんが)

 

こういう制約があるということを理解しておくことが必要です。

ダメカウンセラーにあった時の悲劇

私自身、それほど優秀なカウンセラーとは思っていませんが、中には絶句するようなカウンセラーがいるのも事実です。

例えば、過去の研修会では「私ならこの子は中学校3年間は学校に行けないものと思って関わります」と平然と言うカウンセラーがいました。

その子の事例を見ていると、おそらく親子関係が不登校の維持要因になっていて、そのあたりが改善されれば別室登校→教室復帰へと行くことが可能なケースに思えました。

なぜ、そういうことを平然と言ったのかは不明ですが、少なくとも専門家である以上、「この子は学校に行けないだろう」と平気で言うべきではありません。

一昔前であれば、「不登校は充電期間だから今はゆっくりと家で過ごすように」と言われ、その通りにしたら、精神症状が悪化し、家庭内暴力や目も当てられない状況になったというケースは少なくありません。

世の中には三次障害というものがあり、カウンセラーといった専門職によって大きく心の傷を負ってしまい、今もつらい状況にある人がいます。

ダメカウンセラーに当たるとかえって人生を狂わせてしまうことがあるので注意することが必要です。

ダメカウンセラーにあった時の対処法

ダメカウンセラーにあった時の対処法は非常に簡単です。

カウンセラーの話に違和感を感じたら、そのことを正直に伝えてみましょう。

良いカウンセラーであれば、あなたの違和感をしっかりと受け止めてくれます。

ダメカウンセラーは「それは違うでしょ」とあなたの意見を否定し、そして自分の意見を押し付けてきます。

これはダメカウンセラーと良いカウンセラーの一番簡単な見分け方です。

もし、ダメカウンセラーだと分かった場合は、すぐにカウンセリングを受けるのを辞めましょう。

ずっとい続けるとかえって苦しむだけです。

一番大切なことですが、あなたのことを一番に守れるのはあなた自身です。

どうぞ、ご自身の感覚を大事にしてあげてください。

 

カウンセリングのご案内
カウンセリングルームはぴっとでは、不登校専門のカウンセリングを実施しています。

興味ある方は↓をクリックしてください。

★ カウンセリングの案内はこちらから

★ 研修会・セミナーの案内はこちらから

また無料でメルマガの購読ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする