不登校の解決にカウンセリングは有効か?どんな人が受けると効果があるの?

この記事はカウンセリングの使い方について書いています。
読むと、カウンセリングの使い方や効果がわかるようになります。

不登校専門カウンセラーの田中勝悟です。

不登校の支援は主に以下の3つです。

1)学校の先生やスクールカウンセラーと協力する
2)フリースクールや適応指導教室など外部の専門家と協力する
3)不登校専門カウンセラーと相談しながら進めていく

今回はこの3つ目についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

カウンセリングって本当に効果があるの?

よく聞かれる疑問の一つに、「カウンセリングって本当に効果があるのか?」というのがあります。

私は専門家としていえることは、「カウンセリングには効果がある」ということです。

カウンセリングをすることで、心がすっきりとし、どうすればいいかは確実に見えてきます。

カウンセリングの基本は整理です。

整理することで、今の状態が確実に見えるようになり、どうしていいかがわかるようになる。

これがカウンセリングの効果です。

カウンセリングってどんな感じでするの

カウンセリングはゆっくり話を聞いていくことに特徴があります。

あくまでクライエントのペースでゆっくりと話を聞いていくことで、今の状況が少しずつ明確にわかっていきます。

特に不登校初期の頃は、お母さん、お父さんも不安でどうしていいかわからなくなっていることが多いです。

そういう状況下では、不安定なまま子どもと関わるために、不適切な関りとなってしまうことも少なくはありません。

そのために、カウンセリングを受けることで、今の状況を整理し、どう関わればいいかが見えてくるようになります。

お母さんの心理状態が子どもの不登校に影響する?

カウンセリングや心理学の本を読んでいると、どうしても「お父さんやお母さんの過去の親子関係が今の子育てに影響しているのではないか」という意見に出会います。

お母さんの幼少期の頃の親子関係がそのまま子どもの不登校の要因になっている。

という考え方です。

この考え方は半分正解で、半分間違いです。

もちろん、お母さん、お父さんの幼少期の親子関係から学んでこられた親子関係が、不登校の原因の一つになっているケースはありますが、それはごくごく一部です。

実は不登校の原因は過去の親子関係とはほとんど関係はありません。

ただ、不登校の原因とはならないまでも不登校の維持要因になってしまうケースはあります。

そうした部分はカウンセリングを複数回受けることで、改善が可能な部分です。

子どもの不登校をきっかけに自分を見直す

私のカウンセリングの経験から言えば、お子さんの不登校をきっかけとしてカウンセリングを受けてこられた方で、ご自身の今までの生き方や親子関係を丁寧に振り返ることができた方がおられました。

不登校というのは、今の日本の共通の価値観でもある「子どもは学校に行って育つもの」という信条が大きく崩れてしまった状況です。

要するに、「みんなと同じやり方では子どもをしっかりと育てることができない」ということを突きつけられらた状態です。

そうした中で、お母さん、お父さんは今までの価値観を大きく変えざるを得ません。

そうした状況で、カウンセリングを受けることで、ご自身の今までの価値観から学んでこられた価値観を整理することで、改めて子育てに向き合うことができます。

カウンセリングは自分と向き合うこと

カウンセリングとは、「カウンセラーという専門家を通して、自分と向き合うこと」でもあります。

もちろん、カウンセラーはいろんな技法やスキルを通して、クライエントがご自身と向き合えるように支援をしていきます。

多くの心理療法は実はクライエントが自分と向き合うためのツールにすぎません。

そのツールを通して、今までの生き方ややり方を振り返り、向き合うことで、新しい生き方を模索していきます。

そこにカウンセリングの意味や意義があると私は信じています。

カウンセリングに興味がある方ははぴっとのカウンセリングをどうぞご利用下さい。

 
カウンセリングのご案内
カウンセリングルームはぴっとでは、不登校専門のカウンセリングを実施しています。

興味ある方は↓をクリックしてください。

★ カウンセリングの案内はこちらから

★ 研修会・セミナーの案内はこちらから

また無料でメルマガの購読ができます。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする