無理やり学校へ連れていくのがNGな理由とは?

この記事を読むと、なぜ学校に無理やり連れて行っても効果がないのかがわかります。
その上で、子ども目線で上手な登校刺激の与えた方がわかるようになります。

こんにちは。
カウンセリングルームはぴっとの田中勝悟です。

子どもを無理やり学校へ連れて行った場合、暴れてしまい大変だったという経験は多くの方がしていると思います。

逆に無理やり学校へ連れて行った結果、そこから学校に毎日行くようになった方もおられます。

この違いは何でしょうか?

今回は学校に連れて行くとNGな場合についてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

初期の登校刺激はOK

ただ、最初に行っておくと、不登校になり始めたころは、一回は学校に無理やり連れていくという方法は取るべきです。

それで学校に行けるようになったら、それでOKだと思います。

一番まずいのは、「登校刺激はダメだから」と最初の段階から学校に行かさないようにして、放置するパターンです。

そうなると、子どもは「親も先生も何も言わないし、嫌だったら学校に行かなくてもいいんだ」ということを知らず知らずの内に学びます。

これは非常にまずいです。

嫌なことは簡単に逃げてもいいんだということは、子どもに教えるべきではありません。

なので、初期に登校刺激を加えることは、私は非常に良いことだと思っています。

スポンサーリンク

登校刺激がNGな場合の対応

さて、登校刺激を加えて暴れてしまうお子さんに対しては、私は登校刺激は控えたほうがいいと考えています。

まずは、お子さんが安心して過ごせる場所を作ることが大切です。

ちなみに、登校刺激がNGなお子さんに対して、なぜそれがNGとなるのかについて、簡単にいえば、学校が自分を殺す場だと感じていることです。

この感覚はちょっとイメージがしづらいかもしれませんが、学校というのが自分を押し殺してしまう場、自分をつぶす場として心が反応しているということが不登校の子どもたちの心理状態です。

もちろん、子どもは自覚はしていません。

しかし、「今の状態で行けば自分は本当に死んでしまう」と体が反応してしまい、そのために学校に近づくとパニック状態になります。

ある不登校のお子さんは、「学校の門がくぐれない、得体のしれないものに見える」と語っていました。

不登校の心理状態をイメージする

この不登校のお子さんの心理状態をイメージするのは、かなり困難な作業ですが、ぜひお父さん、お母さんは、お子さんがこうした心理状態であることを理解していただきたいと思います。

イメージができたことで、子どもへの対処法がぐっと理解できるようになります。

時間はかかりますが、「そっか、そりゃ行きたくないよな」とお父さんとお母さんが納得して行かない状態を許すのと、ただ子どもの言いなりになってしまっているのとでは、後々の対応に雲泥の差が出てきます。

特に不登校のお子さんを支えていくためには、何よりもより良い親子関係が必要となります。

生きる強さを育てていく

不登校の子どもは学校に行けるまでには「強さ」が備わっていません。

そのため学校に行けるまでに強さをどうやって育てていくかがポイントです。

これは学校に戻る戻らないを超えて、子どもの人生を左右するものでもあるので、とても大切なポイントです。

ある程度、強さが育ってくると、「学校に戻るか、戻らないか」の選択を自分で決められるようになります。

↑ここまでが不登校支援のゴールの目安です。

まずは、そこを目安にして不登校支援を考えていただけるといいのかなと思います。

カウンセリングのご案内
カウンセリングルームはぴっとでは、不登校専門のカウンセリングを実施しています。
興味ある方は↓をクリックしてください。

★ カウンセリングの案内はこちらから

★ 研修会・セミナーの案内はこちらから

また無料でメルマガの購読ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする