2020年1月の神戸研究会のご案内

2020年1月の選択理論心理学会 神戸支部研究会のお知らせです。

現在、神戸研究会ではグラッサー博士が晩年に残したテイクチャージを中心に学びをしています。

詳しくはこちらをどうぞ。

1月は
第9章「依存薬物:科学的に制御する誘惑」
第10章「よくある依存薬物(合法、非合法)」
です。

今回は研究会でもあまり議題に上がらない麻薬や覚せい剤、アルコール依存症についてのお話です。

覚せい剤がどのように作用するのか、麻薬がどう私たちの脳に影響を与えているのか、グラッサー博士は選択理論の観点から説明しています。

そのことを一緒に学べたらと思います。

ちなみに、後半はアルコール依存症の事例を使ってロールプレイをしたいと思います。

専門家のみならず、一般の方も来られているので、選択理論に興味がある方はぜひお越しください。

< 日程 >
日時 : 2020年1月26日(日) 9:30~12:00
場所 : 神戸勤労会館 応接会議室
参加費: 1000円

参加希望の方は下記よりお申し込みください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする