脳のエラーと生活障害から発達障害を考える

メルマガ登録は↑から

発達障害について、私は「発達障害は脳の機能エラー」であると考えています。

発達障害は脳の一部にエラーが生じており、そのために上手に環境に合わせた行動がとりにくい状態になっているのではないかと思っています。

もちろん、そのエラーは個人差があります。

そのエラーが大きくても、日常生活で問題がなければ発達障害とは呼びません。

逆にそのエラーが小さくても、日常生活で大きな支障を起こしているのであれば、発達障害であると私は考えています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする