テイクチャージ研究会のご案内

カウンセリングルームはぴっとの田中勝悟です。
いつも読んでいただいてありがとうございます。

メルマガ登録は↑から

今回はテイクチャージ研究会のご案内です。

神戸支部研究会ではグラッサーの最後の書籍として知られる「テイクチャージ」をベースとした学びを全10回に分けて実施していこうと考えています。

「テイクチャージ」をベースとしてディスカッションを行い、選択理論の学びを一気に深めていこうというのが趣旨です。

以下は進め方及び、概要のレジェメです。

ただ、わざわざ本を購入する必要はありませんのでご心配なく。

本の内容を軽くまとめたものをレジェメとして配布させていただきますので、本を持っていない方、読んだことがない方でも十分深い学びができるように配慮して進めていきます。

もちろん、本を購入してあらかじめ予習復習をされておくと、理解がぐっと深まります。

多分、参加しているうちに本が欲しくなってくるんじゃないかと思います。

グラッサーの「テイクチャージ」は今までの選択理論心理学について、本当にわかりやすく書かれています。

また、300ページほどなので、一気に読めると思います。

選択理論は脳生理学に基づいた心理学の理論です。

その理論に基づいた効果的な関わり方や支援の仕方を提供してくれています。

そのため、選択理論を実践できるかどうかは、選択理論心理学をどれだけ経験的に理解できているかに大きく左右されています。

テイクチャージはグラッサーの集大成のようなところがあり、入門書としてもベテランの方が読んでもいろんな気づきを与えてくれる書籍だと思っています。

ちなみに次の選択理論心理学会 神戸支部研究会は
7月28日(日)9:30~12:00で神戸勤労会館4階の応接会議室で行います。
(JR三ノ宮駅から徒歩五分ほどのところです)

参加費はお1人1000円です。

参加希望の方は下記のバナーからどうぞ。

残りの残席5名となっているので、参加希望はお早めに申し付けください。

参加の受付は↑をクリック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする