臨床心理士の年収が低い理由をマーケティングで考察してみる

メルマガ登録は↑から

カウンセリングルームはぴっとの田中勝悟です。

臨床心理士の資格を取得して、幸運にも長年臨床の現場で働かせていただきました。

しかし、臨床心理士の仕事は「高学歴 低収入」と言われるくらい、年収が低いことでも有名です。

なぜ、臨床心理士の仕事は収入が低いのか、その理由について私個人の経験からお話させていただきたいと思います。

スポンサーリンク

臨床心理士の年収は300万円台がほとんど

まず、臨床心理士の年収はほとんどの現場で良くて300万円代じゃないかと思います。

下手すると、月の給料が15万くらい(総額で!!)というところも多いです。

一番待遇がいいのは公務員の心理職ですが、狭き門です。

また、公務員の心理職のほとんどは児童相談所での勤務となるので、かなり激務になってしまい、心を病んでしまわれる方もたくさんおられます。

ちなみに、スクールカウンセラーは1日3万円もらえますが、非常勤職のため、社会保険や厚生年金はつけることができず、病気やけがなどの保証も利きません。

ただ、この状況は私が大学院を修了したころ(10年以上前)と比べるとかなり改善してきているといえます。

公認心理師の成立、放課後等デイサービスや就労支援など多くのところで心理職が必要となる現場も増えてきているので、昔よりも就職はしやすくなっているのも事実です。

スクールカウンセラーも嘱託職員に近い待遇で採用してもらえるところも増えてきました。

私が現場に出たころは、収入が安いどころか心理の仕事をさせてくれる現場もほとんどありませんでした。

そのため、当時は小・中学校の授業補助の仕事をしながら、コンビニでバイトをしたりして、何とか研修費や生活費を稼いでいました。

収入の前に、臨床心理士・カウンセラーとしての業務につけるかどうかも怪しい状態が続いていたのです。

そのため、まずは少しでも経験できる場を探すことに専念していたのを思い出します。

今、カウンセリングのスキルもある程度ある状態で、カウンセラーの仕事をさせていただけていることに非常に感謝しています。

なぜ、臨床心理士の年収は低いのか

少し前に同じ臨床心理士としてカウンセラーをしている友人と臨床心理士の収入について話をさせていただきました。

友人の話では、「今、年収300万ももらえているなら、臨床心理士の間ではかなりの勝ち組」と言われ、正直絶句しました。

10年たって、少しは仕事は見つかりやすくなっているものの、まだ臨床心理士やカウンセラーの生活水準はそんなに良くなっていないのかと。

年収300万円だとしたら、学会の年会費の維持もできないし、研修に行くのも非常に難しくなります。

しかし、臨床心理士の収入がなぜ低いのかということについて、マーケティングの視点から考えれば非常に納得がいく話です。

その視点でなぜ年収が低いのかをマーケティングの視点から説明していきます。

1)顧客のニーズをつかみにくい

まず、収入を上げるためには、それなりの売り上げを上げる必要があります。

そのためには、市場をリサーチし、顧客のニーズをしっかりとつかむ必要があります。

しかし、カウンセリングはその顧客ニーズをつかみにくいという弱点があります。

カウンセリングというのは結果ではなく、過程を重視します。

例えば、不登校の親のカウンセリングでは、子どもを学校に行かせるという結果というよりも、親が子どもに向き合うことで変化していく過程を大切にします。

対人恐怖症のクライエントでは、対人恐怖症を治すというよりも、それをどう自分の一部として受け入れていくかといった過程を重視します。

また、カウンセリングの本質は、ノウハウではなく、クライエント理解です。

適切に仮説を重ねながら、クライエントを理解していくということが大切にされます。

顧客というのはみな結果を求めてサービスを求めようとします。

ライザップは「必ず痩せる」という結果を前面に出したからこそ、爆発的に売れ、認知度も高まりました。

こうした「結果にコミットする」ということがなかなか言えないために、なかなか顧客のニーズを引き出すということができないのです。

2)クライエントが費用対効果を把握しづらい

1)に関連することですが、クライエント自身がカウンセリングの費用対効果がわかりにくいというところがあります。

例えば、話を聴いてほしいだけで、1時間1万円もするカウンセリングを受けませんよね。

1万あれば、キャバクラに行って1時間お酒飲んでしゃべった方がいい、趣味にお金を費やした方がいいと思っている方はたくさんおられます。

カウンセリングを受けて何かが変わるという確信が持てない以上は、お金を払ってまで受けようとはなかなか思えないのが人情です。

まあ、払ってもいいかなと思えるのは、1時間6000円くらいまででしょう。

しかし、それではカウンセラーの方が収入が確保できず、生活に困窮してしまいます。

研修を十分に行えて、生活の質を確保するためには、1時間1万以上のカウンセリング料金が最低限必要となります。

ただ、それではクライエントは来ない可能性が多い。

こうしたせめぎ合いというのも臨床心理士の年収の低さに大きな影響を与えています。

3)収益が確保できないから年収も低くなる

どういう職種であれ、ある程度の年収を確保したければ、それなりの収益を稼ぐ必要があります。

売り上げの良い保険営業マンはその分高い年収が期待できます。
医師や薬剤師の年収が高いのは、保険点数によって莫大な利益が得られるためです。

しかし、上記で述べた通り、臨床心理士やカウンセラーはなかなか収益が確保できないので、その分収入も低くなります。

また、ある程度会社で高い収入を得るためには、自身の専門性を経営者や上司に認めてもらう必要がありますが、専門性があやふやな臨床心理士はそこもかなり苦労する人が多いです。

こういったことがあるために臨床心理士の収入はかなり低くなってしまうのです

多くの臨床心理士は非常勤の掛け持ちで食いつないでいる

多くの臨床心理士は非常勤の掛け持ちで食いつないでいる状態です。

非常勤の仕事を掛け持ちしてようやく年収が300万を超えてくるというのが実情なのです。

しかし、それも幸せな方で、非常勤の仕事ですら取れない臨床心理士も数多くいます。

私が現場に出たころは、コンビニのバイトをずっとしていて、心理の仕事が全くとれないと嘆いている人もいました。

今は仕事がある分、かなりマシになっていますが、それでも低収入で頑張っている人はたくさんいます。

私の知り合いでも結婚や子どものことを考えて、心理の仕事から足を洗った人もいくらか見てきました。

男性にとってはかなり続けるのが難しい職種だと思います。

それでも臨床を続けるのは好きだからこそ

もちろん、それでも臨床の仕事を続けている人はたくさんいます。

それは「臨床の仕事が好きだから」に他なりません。

私も臨床心理士の仕事が好きだから、何とか頑張って続けてきました。

例えるなら、お笑いが好きだからずっと続けている芸人さんのようなものでしょうか(笑

その中で、クライエントの笑顔や役に立てているという実感、何よりも「臨床の世界って本当に奥深くて面白い」という魅力があるからこそ、ずっと続けている人もいるんじゃないかと思います。

公認心理師ができたところで、カウンセラーや臨床心理士の年収の低さは変わらないでしょう。

それでも、「この仕事は本当に面白い」という魅力ややりがいがあるからこそ、私も日々勉強して、この仕事を続けているのだと思います。

↑カウンセリングの案内はこちらからできます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする