スクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーの違い

カウンセリングルームはぴっとの田中勝悟です。

スクールカウンセラーが学校に配属されて結構立ちます。

一方で、スクールソーシャルワーカーという専門家も配属されるようになりました。

しかし、学校の先生やスクールカウンセラー自身が、「スクールソーシャルワーカーとスクールカウンセラーの違い」がほとんどわかっていないということが多いようです。

両者は似ているようで全く違う専門職です。

よくカウンセラーの仕事の一つに「ケースワーカー」「ソーシャルワーカー」を取り上げるサイトがありますが、違う職種を一緒くたにするのにかなり違和感を感じています。

専門性をしっかりと弁えておかないと効率的な支援などできません。

そこで、今回はそんな両者の違いについてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

スクールカウンセラーとは?

スクールカウンセラーとは、「カウンセラー」と入っているように、カウンセリングの専門家です。

いわば、心の問題についての専門家ということになります。

カウンセリングの一番の専門性と言えば、心理的な観点からのアセスメントです。

例えば、保護者とカウンセリングをしていて、話している内容やしぐさ、雰囲気から、その人の心理状態や今の行動パターン、その原因を察知していきます。

その上で、その保護者がどう子どもと向き合っていくのか、支えていくのか、保護者自身がどう頑張っていけるのかを一緒に考えて支援をしていきます。

この際に重要なツールになるのが、聴くこと、そしてクライエント自身の気づきです。

スクールカウンセラーの仕事は、そうしたカウンセリングと心理的なアセスメントを行い、学校の先生方がスムーズに子どもの支援や教育活動ができるように援護射撃を行っていくことです。

ソーシャルワーカーとは同んな仕事?

ソーシャルワーカーの仕事は、社会診断をベースに、その人がもっている社会資源がどのようなものかを見立てて、その人が過ごしやすい社会的な援助は何かを考えて、支援を行っていきます。

例えば、保護者が失職中で明日食べるものにも困っている状態であるという場合、こういったケースはスクールカウンセラーではどうしようもありません。

しかし、ソーシャルワーカーであれば、区役所の相談員と連携を取り、生活保護などの手配をするなどの支援をすることができます。

また、適切な医療機関につないだり、行政機関の窓口と連携を取ることで、今保護者が抱えている問題を改善するための援助をすることができます。

これがソーシャルワーカーの仕事です。

学校では貧困や発達障害、不登校などの問題が増えてきており、ますます社会資源からの支援が必要となるケースが増えてきています。

そうした関係機関との連携という視点から、スクールソーシャルワーカーの仕事はますます必要となってくるのです。

スポンサーリンク

スクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーの違いとは?

ここで、一つ事例を出して考えてみましょう。

不登校の子どもがいます。
その子は親から不適切な教育を受けており、朝ごはんも食べずに登校することがよくあります。
服はいつも同じ服を着ていて、夏になると臭いがきつくなります。ちなみに、要保護児童対策協議会のリストにも載っている児童です。
親はモンスターペアレントとは行きませんが、何かしら精神的な問題を抱えている様子が学校の先生から報告されています。
学校ではおとなしい子で、あまり集団の輪の中に入ろうとはしない子どもでした。
しかし、ある日急に学校来なくなり、虐待の可能性や支援の方向性を考えるために、緊急の職員会議が開かれ、そこにスクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーが同席することとなりました。

このようなケースは学校現場ではそれほど珍しくありません。

さて、このケースの場合、両者の専門家はどのような見立てをするのでしょうか?

まず、スクールカウンセラーの場合は、その子どもの情報を聴いた後で、心理的な面からの助言を行うでしょう。

そして、スクールソーシャルワーカーの場合は、社会的なつながりや家族が持っている社会資源についての助言を行います。

もちろん、虐待の可能性を考えて、児相(この場合は、市町村の家庭児童相談室になると思いますが)への連絡等を進めるかもしれません。

この場合のケース会議で考えないといけないのは、

1)虐待の危険性
2)関係機関との連携の必要性
3)学校でできる支援の有無

になるかと思います。

もし、虐待の危険性が高いと判断すれば市町村にすぐに連絡を取る必要があります。

また、虐待の可能性が低いものの、親自身が経済的などの理由で、かなり困っている状態であれば、社会資源の確保についてスクールソーシャルワーカーとの面談をすると良いでしょう。

上記の状態ではなく、親が心理的にしんどい状態であれば、スクールカウンセラーのカウンセリングをしていくことで、安定していく可能性があります。

それぞれの専門性を把握することが大切

このように、スクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーにはある程度明確な棲み分けがあります。

むちゃくちゃ簡単な説明ですが、こうした専門性を把握しておかないと、子どもや保護者の適切な支援はできません。

もっと言えば、スクールカウンセラーは学校の中の問題を心理的にサポートする専門家であり、スクールソーシャルワーカーは学校と学校の外の関係機関をつないでいく専門家ということです。

両者の違いをしっかりと把握することで、保護者の支援がさらにきめ細やかにできるようになってくると思います。

もし、両者の違いが判らなければ、専門の先生にしっかりと教わることも必要でしょう。

私自身も日々勉強していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする