選択理論心理学基本講座①選択理論心理学とは?

メルマガ登録は↑から

不登校・引きこもり専門カウンセラーの田中勝悟です。

私はカウンセリングを行う際は、来談者中心療法と選択理論心理学を組み合わせたものを使っています。

これ以外のやり方ももちろん使うことはありますが、メインはこの2つです。

もちろん、これらを独学だけで学んだのだのではなく、しっかりとした師匠の下で5年以上学んできています。

ここでは、選択理論心理学とは何かについてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

選択理論心理学とは?

選択理論心理学とは、アメリカの精神科医であるウィリアム・グラッサーは博士が提唱した脳生理学に基づく心理学です。

脳のメカニズムはいたってシンプルです。

「快を得るために、不快を避けるために行動を選択する」

この目的を達成するために、行動を選択します。

この脳のメカニズムを知れば、人間の行動パターンや心理状態を客観的に理解することが可能となります。

私は大学院生の頃にカウンセリングや心理療法を勉強していましたが、どれもあいまいというか、よくわからない感じで、勉強すればするほどカウンセリングというのがわからなくなっていく状態になりました。

その時に、選択理論心理学と出会い、その理論のわかりやすさやカウンセリングの応用のしやすさに感動し、それ以来、選択理論心理学の虜になってしまいました。

それくらい単純明快でわかりやすい理論です。

選択理論心理学の目的とは?

選択理論心理学では「幸せ=より良い人間関係」であると結論しています。

そのため、より良い人間関係を築くことを目的として理論を展開しています

人間関係がうまくいかなくなってくると、どんな素晴らしい提案や意見も誰も聞いてくれません。

逆に人間関係が良好であれば、あなたの意見はどんどん聞いてくれるようになります。
私が不登校・引きこもりの支援で人間関係を築くことが大切だというのは、この選択理論心理学の考え方がベースになっています。

親子関係が良好であればあるほど、子どもは親の言うことに耳を傾けてくれるようになります。

そうなると、子どもがしっかりと成長できる手助けをすることが可能になってきます。

逆に親子関係が悪化すれば、どんな素晴らしいノウハウや手段も効果はありません。

先ほどの「脳は快を得て、不快を避ける」というメカニズムに照らせば、親子関係が不快なものであれば、子どもは親から避けるように行動を選択してしまいます。

逆に親子関係が快なものであれば、子どもは親に自分から近づき、親の考えに耳を傾けるようになるのです。

これが選択理論心理学をベースとした不登校支援の基本的な概略です。

また、この辺りは別のところで詳しくお話ししますね。

スポンサーリンク

選択理論心理学が応用できる場とは?

選択理論が応用できる場は多岐にわたります。
大きく分けて親子関係、夫婦関係、職場、学校で大きな成果が報告されています。

1)親子関係

親子関係が悪化していても、選択理論心理学を応用することで、確実に改善することが可能です。

もちろん、最初の内はイライラすることも多く、うまくいかないことも多いでしょうか、長く実践をし続けていくうちに、親子関係が前よりも良好になっていっていると実感できるようになってきます。

私のカウンセリング手法が効果があるのは、親子関係を良いものとすることを最初に行い、その上で、子どもと親に合ったやり方を一緒に考えていくという手法をとるからです。

それを続けていくことで、確実に不登校・引きこもりは改善されるようになります。

2)夫婦関係

ある選択理論心理学のシニアインストラクターは「夫婦関係は選択理論の一番の修行の場」とお話してくれました。

グラッサーの書籍では事例が多く出ていますが、夫婦関係のカウンセリングも多く報告しています。

夫婦のカウンセリングのコツは、お互いの性格をよく知ることです。

そこで相手の性格に合わせた関わり方を学ぶことで改善が見込めます。

私も離婚寸前までいった夫婦が、選択理論心理学をベースとしたカウンセリングを行った結果、半年間で改善したケースをいくつも持っています。

夫婦関係が良くなると、それが子どもにも良い影響を与えるので、結果として不登校改善に大きく役立ちます。

3)職場の人間関係

選択理論心理学的には「リードマネジメント」と呼ばれている部分です。

現在、選択理路心理学は会社経営やマネージメントに関する研究も多く報告されています。

いかに社員が会社の仕事を「不快」ではなくて、「快」に持っていくか。

ちなみに、会社員が転職する理由の上位に「職場の人間関係」があります。

職場の人間関係が良ければ、ある程度、仕事が大変でも頑張ろうと思えるものです。

そうした職場環境作りのノウハウも選択理論では提示しています。

また、選択理論心理学の関わり方は営業でも生かせます。

相手が何に対して「快」を得るかをしっかりと理解し、そのための提案をしっかりとしていくこと。

また、お客さんとよりよい人間関係をしっかりと作り上げること。

これらを実践することで、売り上げが上がっていくというデータが報告されているのです。

4)学校教育

選択理論心理学は学校教育でも十分に生かせます。

実際に選択理論心理学を導入した学校では不登校が減り、いじめもなくなり、子どもたちも一生懸命勉強するようになったという事例があります。

ある先生は自身の学級経営に選択理論心理学を取り入れたら、モンスターペアレントだったお母さんと関係が良好になり、学級崩壊状態だったクラスが落ち着いたと話してくれました。

これらの例は、選択理論心理学が脳生理学をベースとした心理学だからこそ、成果が出ているものだといえます。

つまり、この理論を学んで正しく実践すれば、誰でも同じような成果が得られるということを上記の事例では示しています。

選択理論心理学の概要について

以上が、選択理論心理学の簡単な概要です。

選択理論心理学は大きく4つの理論から構成されます。

1)基本的欲求
2)上質世界
3)全行動
4)創造性

そして、人間関係の関わり方について2つの心理学を提唱しています。

6)内的コントロール心理学
5)外的コントロール心理学

最後に、責任の概念についてもお話をしています。
7)責任の概念

これらが選択理論心理学の大まかな理論構成です。

また、選択理論心理学は座学だけではなく、ロールプレイやワークを用いて学習するのが一般的です。

このことについてもこれからお話をしていきたいと思います。


開催日についてはこちらをご覧ください

神戸支部研究会のfacebookページはこちらから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする